カフェコモンズ:カフェコモンズはNPO法人日本スローワーク協会によって運営されているコミュニティー・カフェです。

カフェ・コモンズ トップページに戻る
         
   

事業概要 企画書

NPO法人日本スローワーク協会 カフェ・コモンズ設立準備委員会  

1.「カフェ・コモンズ」って何?

オープンミーティングの様子 不登校・引きこもりの若者の脱出・就労支援を行っているNPO法人ニュースタート事務局関西の活動を通して結成された日本スロー・ワーク協会は、立上げと同時に「新しい働きの場所」作りを目指してきました。その一つが社会問題や芸術、人々の交流の場としてのカフェ事業の企画でした。

 カフェスロー(Cafe SLOW)。東京の府中にある環境NGOナマケモノ倶楽部を中心に運営されているカフェの名前です。ファスト(FAST)な競争社会に、スロー(SLOW)という価値観を対置させることにより、新しい生き方を提案するカフェ空間です。

カフェ・スロー(東京府中)ストロー・ベイルのカウンター 東京府中のカフェスローをひとつのモデルとして、日本スロー・ワーク協会を中心に様々な議論が重ねられてきました。また関西の風土に馴染むカフェ事業の運営方法も検討されてきました。

 単なる飲食店ではなく、ワークショップやイベント、ライブなどを定期的に行うことにより新しい価値観を提案する学びの場所とします。生活協同組合や様々な生産者との提携により顔の見える食材を、こだわりの技術で調理します。

 カフェ・コモンズはスロー・ワーク(SLOW WORK)という新しい働き方を提案し実践することで「働くこと」の価値観を問い直し、生産者と消費者の新しい関係を模索します。「働くこと」に希望を失った若者たちが、その希望を取り戻すための場所を目指します。

 カフェ・コモンズを、社会を少しでもよい方向に変えていきたいと願う人々、物を作る人々、芸術に携わる人々、様々な価値観を持った人々が集う、文字どおりの「共有地」にしたいと考えています。

 カフェ・コモンズ。ここから何かが始まる!そんなカフェ空間を目指しています。

(※ COMMONS コモンズ・・・共有地・入会地)

WESTビル内部 WESTビル外観
カフェ・コモンズ 入居物件  WESTビル5F(写真は3Fのものです)

2.市民参加型プロジェクトとしての Cafe Commons

 カフェ・コモンズの企画は、ニュースタート事務局関西のなかから生まれました。最初に引きこもりやNEETと呼ばれる若者たちの労働体験のための事業を始める、という目的がありました。

 ここにナマケモノ倶楽部が提唱するスロービジネスとニュースタートが掲げるスローワークの考え方が結びつき、スローフードやフェアトレード・地域通貨などを取り入れた環境問題・労働問題、ひいては社会・経済全体の問題をテーマとしたコンセプト・ショップを目指すことになりました。

 ひとつの問題が多くの問題意識を引き寄せる形で企画が進行していきました。準備段階で様々なNPO・NGOや市民活動・様々な支援者とつながりあい、刺激を受けることでプロジェクト自体が成長してきました。

 カフェ・コモンズのプロジェクトは多くの方々のご協力、ご支援を受けてスタートすることになりました。

■企画・運営 NPO法人日本スローワーク協会
■企画協力 NPO法人ニュースタート事務局関西
NPO法人ワーカーズコレクティブサポートセンター
■店舗設計 スローデザイン研究会(大岩剛一先生)
■施工 NPO法人ふくてっく
■web&グラフィック・
デザイン
クリエイティブ・スペース創庵(そあん)
アクアリーaQuary
ワクワク・クリエィション
京都西陣 SOHO町屋 「藤森寮」内)
■協力 カフェスロー(東京府中)
Q−project(地域通貨)
■食材協力 フェアトレードコーヒー豆 カフェ リピジャ

3.カフェ・コモンズ と ニュースタート事務局関西

(1)若者たちの就労支援

引きこもりやNEETと呼ばれる若者たちの労働体験、さらに働く技術を身につける場所とします。

カフェ・コモンズで働きながら学ぶことができる知識と技術は、

  • パンを焼き、作るための知識と技術
  • 料理を作る技術と、食材の安全や味覚に対する知識
  • 音楽や映像・絵画など芸術に対する知識と、楽しみ方。
  • 自分の興味をイベントとして表現していく知識と技術。

などです。

積極的に働く技術を身に付けていこうとする若者が有償ボランティアになり、やがて経営にも携わるスタッフへと成長していくことが目標です。

(2)様々な価値観を持った人々との交流

 カフェ・コモンズには様々な人々が集まってくるでしょう。南北問題や環境問題、様々な社会問題に関心を持った人たち。音楽や映像などの芸術に携わる人たち。農業をしている人や、福祉の仕事をしている人。あるいは長い間海外を放浪していたような人。

 若者たちが家庭や学校ではなかなか接触できなかったような人々と交流することにより、様々な人々の考えや価値観を学び、自分なりの生き方を探すヒントを見つけ出すことができるようなカフェ空間を目指します。

ニュースタート写真 ニュースタート写真 ニュースタート写真 ニュースタート写真


(3)新しい働き方の提案

 カフェ・コモンズは飲食店ですが、NPOの経営による単なる利益の追求だけを目的にした事業ではありません。若者の就労支援にとどまらず、環境問題や南北問題、都市と農村や拡大しつつある貧富差などの問題を、働くことにより少しでも改善していこうという志を持って行う事業です。

 自分が「何かがおかしい」と思う感覚を、積極的に解決して行こうとすること。

 弱者への暖かな視線を持ちつつ、自分を強く鍛えていくこと。

 ほんとうに大切なものを見つけ出していくこと。

 カフェ・コモンズは働くことをとおして、そんな若者たちを育てて行きたいと考えています。

4.Cafe Commons のコンセプト

(1)スロー・デザイン

ストローベイル カフェは内装に自然素材を用い、エコロジカルな空間としてデザインされます。

 設計・店内デザインははスロー・デザイン研究会の大岩剛一氏。21世紀は地球規模での環境問題に直面している時代であり、カフェの空間そのものが自然との共生という価値観を体現します。

 スロー・デザインを代表するものが、ストロー・ベイル建築です。藁のブロックを積み上げたものに珪藻土を塗り固めて作ります。化学製品・工業製品の拒否。商業主義建築の排斥といったポリシーに基づき、ナチュラル・エコロジー・ローコストの建築を体現します。

 また、ストロー・ベイルは防音性・断熱性にも優れエネルギーの消費を抑制します。

(2)フェア・トレード(公正貿易)

コーヒーのイメージ

 フェア・トレードは環境を破壊し富と貧困の格差を拡大する一方のグローバル化のかわりに、生産者と消費者、都市と農村、「南」と「北」、今の世代と未来の世代、人と他の生物たちとの間のより公正な関係を目指します。

 カフェで飲めるコーヒーは、ペルー産のフェア・トレードコーヒーです。


(3)共有地としてのカフェ・コモンズ

 カフェではイベントやワークショップなどを積極的に行うことにより、様々な情報発信を行います。また、カフェに集う人々がカフェ空間を利用して、独自にイベント等を開催することも出来ます。様々な人たちがカフェの運営に参加し楽しんでいただける共有地の実現を目指します。

Qのイメージイラスト


地図

アクセス:
■JR京都線「摂津富田」駅下車、南出口より徒歩3分
■阪急京都線「富田」駅下車、北出口より徒歩2分
WESTビル5F

※高槻市周辺地図はこちらをご覧下さい(MapFanWebへリンク)

 
      ページの先頭に戻る  
カフェ・コモンズ/特定非営利活動(NPO)法人 日本スローワーク協会・カフェ事業部
TEL & FAX: 072-694-3607
〒569-0814 高槻市富田町1-13-1 WESTビル5F
Copyright(C) 2006 Cafe Commons All rights reserved.